撮影キットの選び方

撮影キットは様々、選び方が重要です

ネットショップをはじめたい、飲食店でメニュー表をつくりたい、そのような理由で自分で商品を撮影する機会があると思います。そんなときに大活躍するのが撮影キット!しかし、撮影キットは群雄割拠、各メーカーが多種多様な機能の撮影キットを開発し販売しています。

そこで、このサイトではアフィリエイトシステムを利用しながら、管理者の独断と偏見で厳選した撮影キットを紹介します。

さらに詳しい説明は、こちらの撮影キットをご参照下さい。

撮影キットを選ぶポイント

ポイント1:一体型か買い揃え型か

撮影キットには、一体型オールインワンになっているタイプと、照明、背景、レフ板など買い揃えて集めるタイプに分かれます。

一体型オールインワンタイプのメリット

オールインワンなので価格が安く抑えられる事と、場所をとらないこと、撮影知識のない人が買い揃える機材を迷わないで済む事などです。

一体型オールインワンタイプのデメリット

商品撮影の繊細なライティングができないことがあります。独自にパーツが分かれている買い揃え型の場合は、照明の位置をここに置いて、レフ板の位置をここに置こう。などと言う風にプロ用の細かいこだわりが演出できます。

買い揃えタイプのメリット

既にもっているパーツがある場合は必要なパーツだけ買えばよい。またどこかのパーツが壊れたときにもその壊れたパーツだけ買えばいいので安く済む。

買い揃えタイプのデメリット

1つずつ撮影機材を買い揃える為、ライトやレフ板など単価が高くなって結局最低限必要な機材を買い揃えると膨大な金額になってしまう場合があります。また、思ったよりも撮影スペースが広くなってしまうので、せまい場所でネットショップを運営している場合は、在庫スペースなどの邪魔になります。

 

ポイント2:ドーム型か開放型か

商品を360度ぐるりと覆うドーム型の撮影キットと、覆っていない開放型の撮影キットがあります。

一体型オールインワンタイプのメリット

オールインワンなので価格が安く抑えられる事と、場所をとらないこと、撮影知識のない人が買い揃える機材を迷わないで済む事などです。

一体型オールインワンタイプのデメリット

商品撮影の繊細なライティングができないことがあります。独自にパーツが分かれている買い揃え型の場合は、照明の位置をここに置いて、レフ板の位置をここに置こう。などと言う風にプロ用の細かいこだわりが演出できます。

買い揃えタイプのメリット

既にもっているパーツがある場合は必要なパーツだけ買えばよい。またどこかのパーツが壊れたときにもその壊れたパーツだけ買えばいいので安く済む。

買い揃えタイプのデメリット

1つずつ撮影機材を買い揃える為、ライトやレフ板など単価が高くなって結局最低限必要な機材を買い揃えると膨大な金額になってしまう場合があります。また、思ったよりも撮影スペースが広くなってしまうので、せまい場所でネットショップを運営している場合は、在庫スペースなどの邪魔になります。

 

Copyright(c) 2014 撮影キットの選び方.com All Rights Reserved.