撮影キットの選び方
>

料理・メニューの撮影

パスタ飲食店ではメニュー表に料理の写真を掲載すると客単価も増え利益が増します。しかしあまりに多くのお店がメニュー表に料理の写真を掲載していません。

理由は様々あります。

  • 撮影がめんどくさい
  • メニューがころころ変わるから
  • 写真が下手なのでのせないほうがいい
  • メニュー表の印刷が面倒
  • 写真と文字のレイアウトを変えることができない

お店都合の理由ばかりで撮影キットを使わない

肉料理上記の理由に心当たりのある飲食店オーナーさんは多いと思います。しかし読んでみて改めて思うことはいかにお客様目線ではなく、自分都合の理由になっていることか。。。

お客様は、オーダーする前にやはりどんな料理が来るのか目で確認したいものです。

撮影代行か、自分で撮影キットで撮るか

撮影代行料理はおいしそうに撮って初めて、意味があります。そのためやはりプロに代行することが主流となっています。しかし、メニューがかわるたびにカメラマンに出張費を払って呼ばないといけないので撮影コストがバカになりません。

まずは撮影キットを使って、自分で撮影してみてはいかがでしょう。

意外と簡単!?料理の撮影

ピザ近年フェイスブックなどに自分が行ったレストランの料理をアップしている人が増えています。なかにはプロ並みに上手な写真も多々あります。

料理の撮影は難しいと思っている人が多いのですが、意外と簡単なのです。それは昨今のスマホやデジカメの性能が上がりすぎているからです。

料理撮影のテクニック

テクニック1:やや逆光で撮る

料理は正面から光を当てずに、やや斜め後ろから光をあてて、前面はレフ板を使うことによってとてもおししそうに写真撮影することができます。

テクニック2:上から撮らない

真上から学校の給食のように料理を撮ってはダメです。料理の全体像を伝えることではなく、おいしそうと思ってもらうことが目的なのです。

テクニック3:できたてを撮る

料理を食べるにはできたてに限りますが、撮影も同じです。料理して時間が経過するとともに食材はしなびて水気もなくなってきて、おいしそうに写すことができなくなります。

できるだけできたてホヤホヤの状態で料理を撮ることが大事なテクニックです。

料理の撮り方リンク集

Copyright(c) 2014 撮影キットの選び方.com All Rights Reserved.