撮影キットの選び方
>

最低限必要な撮影機材

以下は、最低限取り揃えて欲しい機材です。これだけあれば初心者の方でも十分商品撮影できます。

上から順に優先度の高い機材を書いています。ご予算にあわせて買い揃えてください。

撮影用ライト

照明光を上手に使うことが商品撮影の一番キモになります。

明るく撮影できていない場合は、商品に魅力を感じることができず結果として、商品が売れなかったり料理をオーダーしてもらえなかったりします。

背景

背景背景の演出も大切です。ただ部屋の壁ぎわで撮影しても、適当に撮影している感じはお客様に伝わってしまいます。

紙でも布でも構わないので、できるだけ高級感のある素材を背景に用意しましょう。防水使用の撮影専用背景紙なども販売しています。カメラ屋にいけばいろいろな色の背景がありますので一度足を運んでみてください。

レフ板

レフ板レフ板とは、光を反射する撮影機材です。モデルさんを撮影するときにアシスタントがもっている白い大きなアレですね。

白や黒、銀色など様々なレフ板がありますが、白っぽい素材であれば何でも構いません。

市販していますが、レフ板に関しては簡単に自作できるのでわざわざ買う必要はないと思います。

三脚

三脚デジカメの液晶で見るとピントがあっているのに、パソコンに取込んだらピントがあっていなかったので取り直し!なんてことはありませんか?

デジカメを三脚でしっかり固定して撮影すれば、ピンボケの心配は無用です。最近はホームセンターでも簡単に手に入りますし、撮影キットを販売するお店も一緒に売っている場合が多いので自分にあった三脚を選びましょう。あまり機能が多すぎて重い三脚はオススメしません。

ディフューザー

ディフューザーディフューザーはもしもご予算があれば買い揃えてください。照明の光が直接商品に当たるのを防いで光を和らげてくれます。

最近はディフューザーが一体型となった撮影用照明が販売されているのでそのような照明を買うもの良いでしょう。

またディフューザーを使うと光量が減るので、デジカメの露出補正の数値を高めに設定する必要があります。

Copyright(c) 2014 撮影キットの選び方.com All Rights Reserved.